家に対する要望を整理しよう

理想の場所で土地を買って家を建てるというのは、家を持とうと思っている人が誰もが願う夢です。しかし実際は、夢が現実になる人もならない人もいます。この違いは何であるかを考えると、実は多くの夢が叶わなかった人が理想の家と予算のギャップが大きいという人が多いのではないでしょうか。
土地は、調べれば調べるほど、初心者でもだいたいの相場が分かってきますが、家の予算を組む時の費用の計算は、家を売る側の広告用の坪単価を参考にしたり、要望などは住宅展示場などで見られるオプション仕様などであったりします。この家の価格のギャップを埋めることをせず、まず土地探しを始めて、いざ家の計画をしていくと夢どころか予想以上の高額な費用に戸惑ってしまい、夢をあきらめてプロの言うことに従って家を作るしかないという図式になります。
ですから、初めて家づくりをする時には、雑誌やホームページやチラシなどに見られる住宅の価格は基本的に集客が目的である宣伝のための価格であり、そのままの金額を鵜呑みにすると希望の家は建たないということを理解しましょう。形状や仕様、立地条件などの違いから価格も当然変わってくるということをよく把握しておくべきです。こういったことをきちんと理解しておかないと予想していた価格と500万円も違ってしまったなどという図式になり、自分は決してそんな手には乗らないと思っていても、まんまとプロの戦略にはまっていきます。その結果、大きさやプランを変更しなければ建てることができなくなったり、価格だけ安い業者を選んで粗悪な家づくりをしなければならなくなり、後悔するすることになるでしょう。

ではこういった戦略にはまらないようにするにはどうしたらいいかということですが、まずイメージをきちんと持った上で土地探しを始めましょう。どんな感じの家を建てたいのか、部屋はどれくらい欲しいのか、最低どれくらいの大きさでできるのか、最後にそれらは一体いくらになるのかということをしっかりイメージしましょう。実は、皆さんこういった方法で話を進めていきたいものですが、建築業者というのは、土地が決まらないとプランなど出してくれません。
しかし、この部分を家族でしっかり話し合っておくことが一番大切であり、この話し合いを怠ると、土地の大きさと残りの予算だけに合わせた家づくりをするしかなくなってしまうのです。ぜひ、土地を探し始める前に、家に対する要望を整理して、どんな家が理想かしっかり考えましょう。もちろんその予定した間取りが実現できる土地が見つかる可能性は少ないでしょうが、基準が明確になっていることで、つまらない土地や建売を買わずに済みます。人生でたった1度の家づくりですから、時間をかけて環境、価格、プランともに満足いく家を作りましょう。